地域密着神戸の建設業許可申請(更新・業務追加・各変更)、 経審なら建設業許可申請サポート@神戸にお任せ下さい。現場仕事上がりの体力自慢行政書士

HOME » 建設業・経審日記 » 経管を他社(個人事業主)から迎え入れる場合

経管を他社(個人事業主)から迎え入れる場合

2015/05/24

経管を他社(個人事業主)から迎え入れる場合

許可を取りたい会社に経管の要件を満たす人物がいない場合、他社(個人事業主)から迎え入れることが案として考えられます。
その場合、申請時にはその方を、許可を取りたい会社の「常勤の役員」として登記しておかなければなりません。

この「常勤の役員」というのは
・取締役
・委員会設置会社の執行役
・持分会社の業務執行社員
・法人格のある各種組合等の理事等
とされており、執行役員・監査役・会計参与・事務局長等は含まれません!

実は出向社員であっても、経管や専技にすることは可能なのですが、このパターンが通じるのは親子関係のある会社同士という場合が主です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

弊所では要件を満たしているか?という確認を無料で行っております。
お気軽にご相談ください。
大阪・姫路・尼崎・西宮への無料出張も始めました!
建設業許可相談
tel

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

行政書士門脇事務所
行政書士 門脇 秀逸
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4丁目1-23
三宮ベンチャービル521号
TEL 078-222-6191 /FAX 078-222-6192
mobile 090-6674-2109
MAIL info@syu-kadowaki-office.com
営業時間 9:00~18:00 メール相談は24時間
※あらかじめ予約していただければ、土日祝日、営業時間外も対応させて頂きます。

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab