地域密着神戸の建設業許可申請(更新・業務追加・各変更)、 経審なら建設業許可申請サポート@神戸にお任せ下さい。現場仕事上がりの体力自慢行政書士

神戸の建設業許可なら建設業許可申請サポート@神戸へ

神戸の建設業許可申請(更新・業務追加・各変更)、 経審なら建設業許可申請サポート@神戸にお任せ下さい。

現場仕事上がりの体力自慢行政書士です

行政書士 門脇秀逸

神戸・大阪の建設業許可申請なら現場系行政書士にお任せ下さい

当サイトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。代表の門脇秀逸と申します。

わたしはこれまで兵庫県神戸市で17年間、電気工事、造船業と現場仕事経験があります。

建設業者様のお手伝いができる、手助けができる、という思いから建設業許可申請の代行を専門とし、兵庫県神戸市の現場系行政書士として活動中です。
「丁寧・迅速・謙虚に」を信条に、お客様のために動きます。


tel

建設業許可申請までの流れ

建設業許可申請までの流れはこちらをご覧ください。

お客様の声

山一産業株式会社様≪機械器具設置工事業≫

「機械器具設置工事業」で取得
依頼するにあたって色んな行政書士のホームページを見比べました、門脇さんのホームページは実績を掲載しており任せられると思い連絡し依頼しました。
当社は建設業をメインとして営業をしていないのですが、昇降機の設置などで機械器具設置工事業が必要となりました。
10年以上の経験を証明しなければならないという事だったのですが、きっちりと書類を揃えてくれたので難なく受理されたそうです。門脇さんに依頼をして良かったと思っています。

誠工株式会社様≪鋼構造物工事業≫

「鋼構造物工事業」で取得
実は門脇さんの前に他所の先生にお願いをしていたのですが、うちは無理だとお手上げされてしまいした。
それなら仕方がないと諦めていたのですが、従業員が門脇さんのサイトを見て、相談するだけしてみたらどうか?ということになり連絡しました。
最初の打ち合わせはかなり遅い時間だったのですが、当然のように来社してくださりじっくり説明してもらいました。
その時点でうちでも取れると診断してもらい、希望通り鋼構造物で建設業許可を得ることが出来ました。
産業廃棄物収集運搬業許可も取ることになり、今後も何かとお願いすることがあると思います。
門脇さんに依頼して本当によかったです。

株式会社エコプラスワン様≪電気工事業≫

「電気工事業」で取得
ホームページの無料メール相談からのご縁になりますが、初めに相談したのは昨年の10月になります。
人的要件を整えるために時間が必要であり、建設業許可通知書を得るまで9カ月かかりましたが、色んなアドバイスを受け最善の手段を提案してもらいました。
今後は事業発展のために業種追加を考えております、今後ともよろしくお願いします。

有元温調株式会社様≪経営事項審査≫

「経営事項審査」でお手伝い

建設業許可更新もご依頼いただきました。

弊所が送付したダイレクトメールからのご縁でお付き合いをさせて頂いております。

川崎建設様≪土木一式&とび・土工&ほ装≫

「土木一式&とび・土工&ほ装工事業」で取得
併せて「産業廃棄物収集運搬業許可」取得
この度、建設業許可と産業廃棄物収集運搬業許可でお世話になりました。
ホームページからの御縁でしたが、書類を揃えるだけで奮闘している私共に代わって、スムーズにご指導いただき、見えないところでいろんな形で動いていただきました。
許可の事以外にも、経営の事やこの先の法人化に向けてのやり方なども門脇さんに相談しました。ほかの分野の事まで調べていただきご指導もして頂きました。
これからのステップアップに向けて地盤を固め、またお願いしたいと思っております。
この度は本当にありがとうございました。

神戸電化工業株式会社様≪塗装工事業≫

「塗装工事業」で取得

併せて関連会社、株式会社Uテックにて
「板金工事業」業種追加にて「機械器具設置」を取得

モリヤマ電機通信工業株式会社様≪電気・電気通信工事業&消防施設≫

「電気・電気通信工事業&消防施設」で取得
司法書士の方から門脇さんを紹介していただきました。
前職場から経験を証明することになり許可が取れるか不安でしたが、協力を得ることができ、また門脇さんが前職場とやり取りしてくれたので必要な書類がすんなり準備できました。
一度に3業種とれると思っていませんでしたので大変満足しています。

株式会社福富建設様≪電気・管工事業&経審≫

「電気・管工事業」で取得「経審」をお手伝い
会社設立から引き続き、建設業許可を依頼しました。
電気工事業は資格があるので取れることはわかっていましたが、管工事との2業種同時申請も最初からできると説明してもらい、すんなりと許可が取れたので助かりました。
今後は市の工事を受注するために経審も依頼しました、引き続きお願いします。

株式会社AKGソリューション様≪経営事項審査&許可更新&業種追加≫

「経営事項審査」をお手伝い

知り合いの税理士さんから紹介を受けて経審をお願いしました。
更新と業種追加も必要でしたので依頼しました。
引き続きよろしくお願いします。

鈴木建築様≪建築工事業≫

「建築工事業」で取得
元請として事業を行いたかったので、建築一式がどうしても必要でした。
ホームページを拝見し依頼しましたが、本当に私の経験で建築一式で申請できるのか不安でした。
門脇さんは個人事業主での建築一式の申請経験が豊富そうだったのでお願いしたのですが、対応が早く、予定通り許可を得ることが出来ました。
今後ともよろしくお願いします。

株式会社フリースタイル様≪更新&業種追加≫

「更新」「業種追加」をお手伝い。
更新の期限が1週間前で、決算変更届も併せての依頼でしたが、
急いで対応してくれたので無事更新をすることができました。

経営経験も7年以上となったので業種追加もお願いしました。
こちらも予定通り申請してくれたので助かりました。

株式会社福富建設様≪株式会社設立&電気工事業登録≫

「株式会社設立」「電気工事業者新規登録」をお手伝い。

とにかく早く会社設立と電気工事業登録を済ませたかったのですが、
思っていた時期に済み、仕事が早くて助かりました。

今後ともよろしくお願い致します。

株式会社大陸様≪法人成り新規&とび・土工工事業≫

「法人成り新規」「とび・土工工事業」で取得
ホームページを拝見して依頼しました。
法人成りし、一刻も早く法人名での許可が必要だったのですが、素早い対応をしてくれたので予定通り許可を得ることが出来ました。
今回のアンケートで気づいた点などを、ということでしたが、何の文句もありませんし満足しています。
今後ともよろしくお願い致します。

鈴木工務店様≪建築工事業≫

「建築工事業」で取得
ホームページを見て依頼したのですが、知ってる業者さんが門脇さんのとこで許可を取っていたことを知り、安心してお任せすることができました。
無事に私も許可を取ることができました。
このたびは色々と丁寧に教えていただきありがとうございました、
今後ともよろしくお願いいたします。

旭硝子工業様≪ガラス工事業≫

「ガラス工事業」で取得
話しやすく、内容が分かりやすいので安心して依頼できました。
いろんなホームページを見比べたのですが、個人事業主で実績のある門脇さんに相談することにしました。
5年後には法人化を考えているので、補助金・助成金の相談にも乗って頂こうと思います。
今後もおつきあいよろしくお願いします。

武内建築工房様≪建築工事業≫

「建築工事業」で取得
個人事業主でも建設業許可が取れるのか不安でしたが、
門脇さんのおかげで無事「建築工事業」で建設業許可を得ることができました。
仕事を受注できるか否か、というタイミングでしたが、無事に受注することが出来ました。
本当にありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します。

有限会社ボデーワークス様≪電気工事業≫

「電気工事業」で取得
ホームページを拝見したことが依頼のきっかけでしたが、とても元気のあるページで、実際にお会いしてもイメージ通りの門脇先生でした。
今回は許認可が下りるまで順調とはいかなかったようですが、フットワーク軽く根気強く役所に通ってプッシュしてくださったことにはとても感心、感謝しております。
本当に安心して最後までお願いすることが出来ました。
今後ともよろしくお願い致します。

株式会社冨士企画様≪鋼構造物工事業≫

「鋼構造物工事業」で取得

料金表


tel

経営事項審査申請&入札参加資格申請(指名願い)

経営事項審査申請&入札参加資格申請(指名願い)

経営事項審査申請(経審)

建設業許可を得て、公共事業に参入するさいに必要な手続き、それが経営事項審査申請(経審)です。
行った工事の規模等で算出される点数「経営規模等評価」、財務で算出される点数「経営状況分析」からP点(総合評定値)と呼ばれる点数を基に、各自治体がランクを付け入札に参加できる工事の規模が決まります。

このP点を上げるためにどうすればよいか?ということを問われると、これだけ行えばよいという訳ではなく次のように

  • 売上高を上げる(兼業事業でも良い)
  • 借入金、支払利息を減らす(&固定資産を減らす等)
  • 有資格の技術職員を増やす(許可業種に対応する資格)
  • 経審に対応した損害保険に加入する
  • 建退共に加入する
  • 退職金規定を定める

等々様々な要因が絡み合い、結果P点に反映されます。
経審は決算後に行う申請であるので、財務に関しては私たち行政書士が行う以前に、税理士、会計士さんと相談しなければならないことでもあり、事前準備も必要です。

入札参加資格申請(指名願い)

経審を申請し、経審結果通知書が届いたら即入札に参加できる訳ではありません。
入札を希望する自治体(都道府県、市)へその通知書を以って入札参加資格申請(指名願い)を行い、そこで登録されてようやく入札に参加することができます。
ここで重要になるポイントがあります、ほとんどの自治体では
経営事項審査は社会保険&労働保険未加入でも申請できるが、入札参加資格申請(指名願い)は社会保険、労働保険未加入では受け付けてもらえない。
という点です。
他にも市県民税、消費税の滞納があると受け付けてもらえません。
入札に参加するためには、経審を受けた後に各自治体への入札参加資格申請が必要なので、社保&労働保険加入は必須という事になります。
公共事業に参入するにふさわしいかという審査のための申請ですので必ず加入しましょう。

その他の注意点としては、どの業種で経審を受け入札参加資格申請を行うかという点です。
各自治体によって、「○○工事の入札に参加するためには、○○工事業の建設業許可が必要」といった縛りがあります。
入札に参加したい工事の許可が異なっていると経審を受けた意味がなくってしまうので、入札参加資格申請まで見据えて経審を受けるのが良いといえます。

その他、入札参加資格申請のさいに、各自治体で定めている要件を満たすと経審で通知されたP点に加点される制度もあります。
経審結果ではCランクであっても、要件を満たし加点されることによりBランクになることもありますので、ぜひ活用しましょう。

申請までの流れと注意点

まず経審には有効期限があります、建設業許可の5年というような長い期間ではなく、
直前決算日から起算して1年7か月であり、途切れないように毎年受審しなければなりません。

この決算日から起算という点ですが、いつ経審を受けてもスタートが直前決算日とされます、仮に今期決算日の1か月前に受けたとしても起算が直前決算日となるので有効期限は残り8か月となります。
なぜこのようになるのかと言いますと、直前期の決算日をまたいで技術者が在籍しているか?社会保険に加入しているか?雇用保険に加入しているか?等を審査するからです、その都度ではないのです。

決算日から「1年7か月」の7か月という中途半端な期間ですが、経審に必要である決算報告書の作成、確定申告といった作業に3か月ほどかかり、またこれも経審に必要な書類である社会保険、雇用保険料納入領収書が決算日後3か月分必要となるので、決算後急いで経審を受けようとしても結局4か月ほど必要になります。
そして経審を受け通知書の発行までは1か月かかるので最速でも約5か月、こう考えると1年7か月の有効期限がご理解頂けるかと思います、そして猶予はたった2か月弱しかありません。

これから経審を初めて受審しようとお考えの業者様は、決算日を考慮して、すぐに受けるのか?決算後まで待つのか?という点から決めるのがいいのではないでしょうか。

申請の流れ

料金

サービス 料金(税別)
決算変更届 28,000円
経営事項審査申請(経営状況分析&経営規模等評価) 100,000円(分析手数料13,000円込)+証紙代

tel

経営事項審査シミュレーション

経審を受けるとして「結局当社は何点になるの?」とお考えだと思います。

まずは総合評点がどれだけつくのかを診断してみませんか?

お客様の声

有元温調株式会社様≪経営事項審査≫

「経営事項審査」でお手伝い

建設業許可更新もご依頼いただきました。

弊所が送付したダイレクトメールからのご縁でお付き合いをさせて頂いております。

株式会社福富建設様≪電気・管工事業&経審≫

「電気・管工事業」で取得「経審」をお手伝い
会社設立から引き続き、建設業許可を依頼しました。
電気工事業は資格があるので取れることはわかっていましたが、管工事との2業種同時申請も最初からできると説明してもらい、すんなりと許可が取れたので助かりました。
今後は市の工事を受注するために経審も依頼しました、引き続きお願いします。

株式会社AKGソリューション様≪経営事項審査&許可更新&業種追加≫

「経営事項審査」をお手伝い

知り合いの税理士さんから紹介を受けて経審をお願いしました。
更新と業種追加も必要でしたので依頼しました。
引き続きよろしくお願いします。

建設業許可申請までの流れ

建設業許可申請までの流れ

料金表


tel

建設業許可業種追加

建設業許可業種追加

なぜ業種追加する必要があるのか?

新たに許可業種を追加したい場合に行う手続きが「建設業許可業種追加」です。
業種追加を行う理由で多いのは、

  1. 単純に必要となった
  2. 資格を取ったので対応する業種を追加したい
  3. 経審を受けたい業種を追加したい

といったところでしょうか?

1に関して
営業していく上で無いと請け負うことが出来ない、又は元請から要請されている。という理由だと思います。
いずれにせよ業種追加をしないと工事ができなくなる可能性があるので早急な申請が必要です。

2に関して
必要性は後回しで、セコカン等複数業種に対応している資格を取り、せっかくなので追加してほしい。という理由です。
許可業種を増やせば会社としての箔が付きますし、理由の1や3に該当する場合に慌てず対応することもできます。
もちろん費用は掛かりますが、とりあえず増やしておいて損は無いという考えであれば業種追加を行ってよいでしょう。

3に関して
この理由での業種追加は慎重に行う必要があります。なぜなら経審を受け今後受注を狙う公共事業に対応する業種で追加しなければ無意味になってしまうからです。
各行政によって工事の種別で必要な許可が変わるので注意が必要です、
「土木一式で十分と思っていたらほ装工事業が必要だった。」ということも有ります。
各行政(県と市でも若干違います)毎の発注工事と対応業種を見極めた上でどの業種を追加するのかを決めなければなりません。
とりあえず相談だけしたい、という業者様はお気軽にご連絡ください。

業種追加の要件

先述の2のように「有資格者を新たに雇用した」「現状の専任技術者が資格を取った」ということであればいいのですが、資格がない場合は10年以上の実務経験が必要です。
もちろん常勤性の確認もされます、特に法人の場合は注意が必要で具体的には次の通りです

  • 常勤役員であれば確定申告書の役員報酬内訳、社保加入等
  • 従業員であれば社保加入、特別徴収通知書等

これらの書類で常勤性の確認をしますので、従業員を専任技術者にする場合、名前だけ借りるということは一切通用しません。

専任技術者が用意できても肝心の経管が要件を満たしていることも重要です。

  • 追加したい業種で5年以上の経営経験がある
  • いずれかの業種で7年以上の経営経験がある

このどちらかを経管の方がクリアしなければ業種追加申請に至りません。
とはいえ新規申請時に5年以上の経営経験を証明して経管になられているので、「いずれかの業種で7年以上の経営経験」を証明できることが多いです。
もちろん建設業許可を取ってすぐの業種追加も書類さえ整えれば申請できます。

料金

行政書士門脇事務所では建設業許可業種追加を下記料金にてお引き受けします。

サービス 料金(税別)
建設業許可業種追加(知事)+業種追加証紙代 104,000円(諸経費込)
建設業許可業種追加(大臣)+業種追加証紙代 113,000円(諸経費込)

無料出張、無料相談にて対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

お客様の声

           

神戸電化工業株式会社様≪塗装工事業≫

「塗装工事業」で取得

併せて関連会社、株式会社Uテックにて
「板金工事業」業種追加にて「機械器具設置」を取得

株式会社フリースタイル様≪更新&業種追加≫

「更新」「業種追加」をお手伝い。
更新の期限が1週間前で、決算変更届も併せての依頼でしたが、
急いで対応してくれたので無事更新をすることができました。

経営経験も7年以上となったので業種追加もお願いしました。
こちらも予定通り申請してくれたので助かりました。

株式会社AKGソリューション様≪経営事項審査&許可更新&業種追加≫

「経営事項審査」をお手伝い

知り合いの税理士さんから紹介を受けて経審をお願いしました。
更新と業種追加も必要でしたので依頼しました。
引き続きよろしくお願いします。

建設業許可更新&決算変更届

建設業許可更新&決算変更届

建設業許可更新について

まず建設業許可の有効期限は5年であり、更新作業は許可期限日の3か月前より行うことが出来ます。
許可通知書には更新の書類提出期限は期限日の1か月前まで、となっています。
これは更新のための書類を提出してから新たな通知書が届くまでに30~40日(新規申請時と同じ)かかるからです。
大事なポイントは、新な通知書が届くまでに更新前の許可が切れてしまい対外的には無許可となってしまうということです。
特に下請けの業者様は元請業者様に通知書の写しを求められることが多いので、このぎりぎりのタイミングで更新をすると通知書が出せずに面倒になる場合が多々あります。
なるべく余裕をもって更新作業を行うことが好ましいと言えます、とは言え期限日ぎりぎりの更新も出来ない訳ではないので、お困りの方は弊所にご相談ください。

決算変更届について

多くの業者様が分かっているのに行っていない、それが決算変更届です。
決算変更届を行っていないと、「更新が出来ない」「業種追加が出来ない」という不利益を受けることになります。
ご自身で申請を行っている場合は本当に「なにそれ?」ということもあるかもしれませんので、改めて説明します。

  • 毎営業年度(決算期)経過後4か月以内に、工事経歴書・財務諸表・納税証明書を提出する届出を決算変更届と言います。

この提出期限を守らなければ、建設業法第50条1項2号による罰則規定により、「6か月以下の懲役又は100万円以下の罰金」に処せられる可能性があります。
当たり前のように更新年に5期分まとめて提出することを続けると厳しい処分が下されるかもしれませんので、必ず毎営業年度毎に提出しましょう。

料金

建設業許可更新と決算変更届について説明をしましたが、実際にご依頼で多いのは「ぎりぎり更新&変更届5期分」であるのも事実です。
そこまでならないと腰が上がらないのも理解できますが、いいことは何一つありませんのでルールを守って許可を維持しましょう。
料金はこちらになります。

サービス 料金(税別)
建設業許可更新+決算変更届5期分+更新証紙代 180,000円(諸経費込)

但し、この費用は初めて弊所にご依頼くださり、業務後「お客様の声」への掲載にご協力いただける業者様に限ります。
どうしても更新が間に合わない場合、一度許可切れにし新規で取り直すことも可能です。
その場合従前の許可番号は失われますのでご了承ください。
無料出張無料相談にて対応いたしておりますのでお気軽にご連絡ください。
tel

お客様の声

               

株式会社フリースタイル様≪更新&業種追加≫

「更新」「業種追加」をお手伝い。
更新の期限が1週間前で、決算変更届も併せての依頼でしたが、
急いで対応してくれたので無事更新をすることができました。

経営経験も7年以上となったので業種追加もお願いしました。
こちらも予定通り申請してくれたので助かりました。

株式会社AKGソリューション様≪経営事項審査&許可更新&業種追加≫

「経営事項審査」をお手伝い

知り合いの税理士さんから紹介を受けて経審をお願いしました。
許可更新と業種追加も必要でしたので依頼しました。
引き続きよろしくお願いします。

山一産業株式会社様≪機械器具設置工事業≫

山一産業株式会社様≪機械器具設置工事業≫

「機械器具設置工事業」で取得
依頼するにあたって色んな行政書士のホームページを見比べました、門脇さんのホームページは実績を掲載しており任せられると思い連絡し依頼しました。
当社は建設業をメインとして営業をしていないのですが、昇降機の設置などで機械器具設置工事業が必要となりました。
10年以上の経験を証明しなければならないという事だったのですが、きっちりと書類を揃えてくれたので難なく受理されたそうです。門脇さんに依頼をして良かったと思っています。

お問い合わせはこちら

行政書士門脇事務所
行政書士 門脇 秀逸
〒654-0027兵庫県神戸市須磨区千歳町4丁目3-16
ブランズ須磨鷹取リヴェール109
TEL&FAX 078-779-6191
mobile 090-6674-2109
MAIL info@syu-kadowaki-office.com
営業時間 9:00~18:00 メール相談は24時間
※あらかじめ予約していただければ、土日祝日、営業時間外も対応させて頂きます。

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab