地域密着神戸の建設業許可申請(更新・業務追加・各変更)、 経審なら建設業許可申請サポート@神戸にお任せ下さい。現場仕事上がりの体力自慢行政書士

HOME » 建設業・経審日記 » 機械器具設置工事業についての注意点

機械器具設置工事業についての注意点

2016/07/04

機械器具設置工事業についての注意点

まず機械器具設置工事業とは?というとこからですが、建設業許可で多いのは次の工事ではないでしょうか。

  • プラント設備工事
  • 運搬機器設置工事(クレーン、エレベーター等)
  • 立体駐車場設備工事
  • トンネル用大型送風機及び集塵機設置工事

このように機械設備の組立て設置が該当するのですが、大きな注意点があります。
請け負う工事が”設置組立のみか?””機械器具の販売込か?”
この2点です。

何が変わってくるかのかもうお分かりだと思いますが、工事金額の桁が変わってきます。

組立て設置のみを行っているのであれば問題は無いでしょうが、販売から設置までを請け負っている販売会社さんは、知らず知らずのうちに500万円以上の工事を無許可で行っている。
ということがあるかもしれません。
「組立て設置の金額で言えば○○万円やから大丈夫!」では通用しないのです。

このような状況から、販売会社さんでも建設業許可「機械器具設置工事業」を取得する、しなければならないという事案が多々あります。
本当に落とし穴と表現していい注意点です。

この記事をお読みになり、あれ?と思った業者さんはお気軽にご相談ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

弊所では要件を満たしているか?という確認を無料で行っております。
お気軽にご相談ください。
大阪・姫路・尼崎・西宮への無料出張も始めました!
建設業許可相談
tel

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

行政書士門脇事務所
行政書士 門脇 秀逸
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4丁目1-23
三宮ベンチャービル521号
TEL 078-222-6191 /FAX 078-222-6192
mobile 090-6674-2109
MAIL info@syu-kadowaki-office.com
営業時間 9:00~18:00 メール相談は24時間
※あらかじめ予約していただければ、土日祝日、営業時間外も対応させて頂きます。

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab