地域密着神戸の建設業許可申請(更新・業務追加・各変更)、 経審なら建設業許可申請サポート@神戸にお任せ下さい。現場仕事上がりの体力自慢行政書士

HOME » 建設業・経審日記 » 経営業務の管理責任者がいなくなった場合

経営業務の管理責任者がいなくなった場合

2015/04/23

経営業務の管理責任者がいなくなった場合

「経営業務の管理責任者」が死亡または退社などでいなくなった場合、代わりになる方がいれば2週間以内に変更届を行います。

もし代わりになる方がいない場合、、「廃業届」を提出することになります。

特に法人の場合は、不測の事態に備えて役員の中に要件を満たす者を複数確保しておくことが重要です。
外部から招くことで最悪の事態を回避することもできますが、役員に就任させ、社会保険に加入するなど常勤が確認できるようにしなければなりません。

許可取得業種について5年以上役員として登記されている方がいない場合でも、
・「経営業務の管理責任者に準ずる地位」として7年以上の経営業務の管理責任者を補佐した経験

・許可取得業種以外の業種の7年以上の役員の経験、海外法人の役員などの経験を国土交通大臣に特別に認定された者

等の者がいれば、代わりになることができます。

廃業届を出さなくていいように、こういう経験のある者を事前に把握しておきましょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

弊所では要件を満たしているか?という確認を無料で行っております。
お気軽にご相談ください。
大阪・姫路・尼崎・西宮への無料出張も始めました!
建設業許可相談
tel

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

行政書士門脇事務所
行政書士 門脇 秀逸
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4丁目1-23
三宮ベンチャービル521号
TEL 078-222-6191 /FAX 078-222-6192
mobile 090-6674-2109
MAIL info@syu-kadowaki-office.com
営業時間 9:00~18:00 メール相談は24時間
※あらかじめ予約していただければ、土日祝日、営業時間外も対応させて頂きます。

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab